サプリメントで効果的に内臓脂肪対策をはじめよう!!

サプリメントで内臓脂肪対策してみよう\(^o^)/

なんて言ったら、“それってずるくない?”とか、“運動でなんとかしなさいヨ”とか、色々な雑音、、、違った、ありがたいご意見が聞こえて来そうな気がします。

おっしゃる通り、自力で何とかするのが本筋かもしれないですね。

猶予がある場合はそれでもいいのですが、内臓脂肪値が多すぎて緊急性が高い人とか、医師からの指導を受けている人などは、合理的に内臓脂肪対策を行う方法としてサプリメントの活用も検討してみてはいかがでしょうか?

となれば次はこの疑問

“サプリメントって効果があるの?”

ですよね。なにせ、それなりにお金がかかりますから。お金かけて全然効果なかったというのは悲しすぎます。→私ですね、これ(-“-)なので、今日はサプリメントの効果・使い方についてのルールなどについての調査結果をご紹介します。

サプリメントで効果的に内臓脂肪対策をはじめよう!!

《内臓脂肪のリスク》

まず、その前に、なぜサプリメントを使ってまで内臓脂肪を減少させる必要があるのでしょうか?見た目の問題・着られなくなった洋服が勿体ない・などなど、人それぞれ目的は違うと思います。全部正解です(*^_^*)

しかし、ここは健康情報発信ブログです。健康という観点に絞って情報の紹介をしたいと思います。

内臓脂肪のリスク。それはズバリ生活習慣病へまっしぐらという事です。内臓脂肪が多い=すぐにという事ではありませんが、どんどん近づいているといっても過言ではありません。本当なのです。

内臓脂肪が原因の生活習慣病とは

内臓脂肪の蓄積が増加し始めるのが30代から。そして生活習慣病の発症年齢は60歳ごろからが一般的だと言われています。しかし近年、この生活習慣病発症の年齢はどんどん低年齢化しており、若者世代から子供に至るまでが発症年齢となっています。

では、なぜ内臓に脂肪が蓄積されるのでしょうか?

内臓脂肪の元とは、食事から摂取した糖分と脂肪分。糖分とは、甘み成分だけではなく、炭水化物も含まれています。これらは人間の体に必要な栄養素なので、摂取自体は必要不可欠なのです。しかし、摂取量が多過ぎるのは問題。

過剰に摂取した脂肪分と糖分が体内に蓄積され、やがて内臓脂肪や皮下脂肪に変わります。こうして蓄積された脂肪分が、だんだんと体を蝕み、やがて生活習慣病として表面に現れます。

サプリメントの役割

通常、内臓脂肪対策には食生活の改善と運動が効果的な改善方法ですが、サプリメントの併用による効果も期待されています。比較的早くに生活習慣を改善すれば、3大生活習慣病である・がん・脳卒中・心臓病とは無縁の生活が送れる可能性は高くなります。

しかし、生活習慣を改善するのが難しい人、あるいは改善効果が思うように現れない人にとってはどう解決して良い物かと、深刻な問題となります。

それをサプリメントでカバーするというのが、有効な取り組みと考えられています。

効果的なサプリメントの種類

通常、サプリメントとは、健康を維持するため・不足した栄養分を補うためなどの目的を達成するのに役立つ、様々な栄養成分を配合した製品です。錠剤・カプセル・粉末・ドリンクなどで手軽に摂取できるのが最大のメリット。

そのサプリメントの中で、食生活改善に有効な物として、脂肪分・糖分・塩分の吸収をコントロールするもの、食べる量自体を減らす物といった種類があります。

これら食生活改善に有効なサプリメントを活用して、内臓脂肪の減少に役立ててみましょう。

効果的なサプリメントの摂取方法

(選び方)

まず大切なのが、自分に合ったものを選ぶこと。

たとえは、どうしても食欲が抑えられない場合には、効果的に食欲の抑制をしてくれるサプリメント、あるいは脂肪や糖の吸収を抑制してくれるサプリメントを選びます。運動との併用で燃焼効果をあげたい・運動不足を補う・基礎代謝の向上を期待する場合には、燃焼効果のあるサプリメントを選びます。

(服用のタイミング)

殆どのサプリメントには、服用のタイミングにルールはありません。しかし、効果的な摂取時間やタイミングがあります。

例えば、燃焼系サプリメントなら、食事の約30分前に摂取する事をお勧めします。ダイエット・中性脂肪燃焼効果をうたっているサプリメントには、食欲抑制の成分が含まれているためです。

(効果を上げる裏ワザ!!)

実は、燃焼系サプリメントの効果を最大限に発揮するには、水分が必須です。

体内の水分が減少すると、新陳代謝が鈍くなるのと比例して、体脂肪の燃焼も鈍くなります。しっかりと水分を補給して燃焼を促進させましょう。

まとめ

サプリメントの活用には様々な意見があると思います。私も正直、若干懐疑的に構えてみている部分もありました。

しかし、サプリメントで効果を得ている人もたくさんいる事を考えると、自分に合ったもので試してみるのも一つの方法ではないかと思います。ただし大切なのは、同時に生活習慣を見直す事。サプリメントだけで何とかするのではなく、補助的に役立てるのが一番良い方法だと思いました。

また、健康を目的に服用したのに、健康を害しては本末転倒となってしまいます。基礎疾患の有無・体調などを考慮して、ドクターや薬剤師さんに相談する事もお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です